よくあるご質問

①非暴力グループワーク”って、何ですか?

メンズサポートルーム大阪のグループワークでは、妻や家族に暴力(DV)を振るってしまい悩む男性を対象に、自分の暴力と向き合い、妻や子どもなどと長年続けてきた暴力の関係を、非暴力の関係に変えていくことを目的にした、気づきの場です。特に、怒りの感情の扱い方について学びます。肉体的にしろ、精神的にしろ、暴力はいけないけれど、怒りの感情は大切だと考えています。そもそも怒っていることに気づかないで、暴力に至るケースがほとんどです。まずは、怒りの感情に気づくことから始めます。怒りの感情を、暴力でなく、冷静に言葉で「あなたの~に腹が立つ」と伝えることができれば、相手(妻など)との関係も少しずつでも修復することができるのではないかと思います。暴力をやめる即効性のある特効薬ではありませんが、月二回定期的に通うことで、怒りの感情に気づくことができ、怒りの感情が薄らいでいきます。

②途中からでも参加できますか?

メンズサポートルーム大阪では、4月と10月に非暴力グループワークを実施しますが、1年間を通して隔週土曜日に開催しているので、途中参加も大丈夫です。毎回設けているテーマ内容にこだわらず、参加したいと思い立ったら、お申込ください。

③自宅周辺で非暴力グループワークをやっていませんか?

メンズサポートルーム大阪は、大阪市内(ドーンセンター)でしか、『男のための非暴力グループワーク』を実施していません。参加者は、大阪府、兵庫県、京都府の方が多いですが、広島県、愛媛県、福井県、愛知県など遠方からの参加も少なくありません。毎回の参加は無理でも、定期的に参加されています。
そのほか、男性相談の窓口については、【メンズサポートリンク】をご参照ください。

④主催者から被害者に連絡をすることがありますか?

夫からの暴力に苦しんでいる女性から、「夫のDVを治してほしい」、「夫を参加させたい」と、連絡をいただくことがあります。その場合、お問い合わせの内容に応じてお答えはしますが、メンズサポートルームから連絡をとって状況をお尋ねすることはありません。安心してお問い合わせください。

⑤何回もグループワークを受けに来ている人はいますか?

暴力をやめるために、2週間に一度の定期的な参加をオススメしていますので、多くの方が何回も続けて参加されています。数年来参加し、グループワークが自分の生活の一部になっているという方もいます。グループワークはたとえば漢方薬のように徐々に暴力に頼らなくても生きていけることをめざすものだとお考えください。

⑥グループワークとカウンセリングはどちらがいいですか?

カウンセラーと1対1のカウンセリングでじっくり自分の話を聞いてもらって解決策を探すか、あるいは自助グループ的な非暴力グループワークでほかの男性の体験談を参考に自分の生き方を見直すか、どちらがいいかは人それぞれで、合う合わないがありますが、どちらも試してみるのがよいかと思います。また安定剤などで対処する医師もいるようです。いずれにしろ暴力を止めるための選択肢はいくつあってもいいと思います。

Print Friendly, PDF & Email